おしゃれ染め」タグアーカイブ

安全な白髪染めはありますか?

安全性を考えるなら、100%天然成分の白髪染めが一番良いということになりますが、100%天然成分の白髪染めやおしゃれ染めは、まだまだ開発が遅れており、価格面、施術に要する時間的な問題、色持ち、カラーバリエーションなどの問題など、多くの問題が山積しています。
そのため、現段階では、より安全性が高い毛染め剤を選ぶしか方法がありません。

みなさんなら、多少の危険性があっても、安くてファッション性の高い毛染め製品と、安全性には優れていても、高価でファッション性の低い毛染め剤の、どっちを選びますか?
この問題は、結構難しいですよね。
何故って、白髪の性質上、白髪染めは何度もくり返し、そして長い期間にわたり使用します。そのことから考えると、高価であることが非常に困るわけです。
ファッション性についてはこだわらないし、色持ちが悪くても安全なら頻繁に染めればいいのですから、このあたりは我慢するとしても、毛染め剤の値段が高くては、頻繁に購入できませんよね。
せめて、値段が安ければ、ファッション性の低さ、色持ちが悪さはカバーできますけれども、高価な商品となると、なかなか難しいと思われます。
さて、みなさんなら、価値基準をどこに置かれますか?

 

天然成分100パーセントの真実

天然成分100パーセントが売りの「ヘナ」ですが、ジアミン(20~25%)を未承認のまま配合し販売していたとして問題になりました。
つまり、未認可のまま酸化染料が配合されたヘナが、天然成分100パーセントのヘナであるかのようにして販売され、湿疹、かぶれなどの被害が出たことでクローズアップされたわけです。
では、全てのナチュラルハーブカラーが完全に天然ハーブなのかというと、それはなかなか難しい問題であり、実際、完全に天然ハーブだけでは、色持ちや染まりが顧客の満足度から乖離しすぎており、ほぼ不可能ではないかと思われます。

自宅でもヘナを使って白髪染めはできますが、毛染めの工程がたいへんそうです。
ヘナが白髪に浸透するためには、温かい方が良いので、頭皮の温度を上げるためにドライヤーで温度管理をする必要があります。何故ドライヤーで温度管理をするのかというと、ヘナを塗布することで頭皮の温度が下がるからだそうです。
そして、1時間はヘナを塗布したまま放置しなければなりません。

ヘナで白髪染めをすると、ヘナの成分ヘナタンニンが白髪のケラチンと結合し、ヘナの色のオレンジ色に染まります。
黒い色にはオレンジが入りませんから、白髪だけがオレンジ色になります。
つまり、黒色とオレンジ色のコントラストを楽しみながら、毛髪のダメージを最小限に止めるという毛染め剤というわけです。

 

手軽な白髪染めをご存じです

普段は、美容室での白髪染めや自宅での白髪染めを行っていても、いざお出かけという直前に、白髪を見つけた時、みなさんは、どのように白髪処理をしていますか?

近年の高齢化社会を反映してかどうかは定かではありませんが、便利な商品がでています。
それは、簡易的応急手当にぴったりの白髪染め着色剤です。
出かける前に鏡を見て、白髪が気になった時には、簡易的応急手当ができる、一時的な着色剤を使うといいかもしれません。

とくに、ピンポイントで着色するタイプは、重宝すること間違いないと思います。
ただ、この一時的白髪染め剤は、シャンプーをすると落ちてしまいますので、本当に、いざという時に使う程度の白髪染め剤です。
一時的な白髪染めにも、いくつかのタイプがありまして、全体にスプレーするスプレータイプ、泡タイプ(フォームタイプ)、マスカラタイプなどです。

手軽な白髪染めは、あくまでも一時しのぎであり、シャンプーで洗い流せますが、水にも弱いことを頭の隅に置いておく必要があります。例えば、雨降りの日に使用するのは少し危険ですね。
雨で色が流れてくる場合もあることを考慮しておいた方がいいでしょう。

一般的な使い方は、毛髪が伸びて根本の白さが気になるときに、ちょっと使う程度が無難な使い方として利用されているようです。

 

白髪染めは危険なの?

私たちが、何も疑わず日常的に使っている、シャンプー、リンス、おしゃれ染め、白髪染め、トリートメントの中に含まれている成分をご存じでしょうか?
おそらく、成分まで調べて使って囲おられる方は、かなり少ないと思われますが、皆さんはいかがですか?

まず、一番にあげられる危険性は、発ガン性物質が含まれているということです。
①パラフェニレンジアミン(PPD)
②アミノフェノール
③レゾルシン
④過酸化水素など

まず、パラフェニレンジアミンについて言うと、「パラ」というのは、ベンゼン環(化学式で6角形の形をしているもの、六角形の頂点を1として、時計回りに1~6までの数字が並びます)1と4にアミノ基(NH2)や水素基(OH)が結合している化合物で、アレルギーを引き起こす一番強力な物質です。
したがって、粘膜の障害(結膜炎、鼻炎、気管支炎など)を発症しやすくなる可能性があります。
過酸化水素水は、オキシドールのことで、消毒薬で知られていますが、工業用としては、半導体の洗浄、紙を作る過程でのパルプの漂白、排水処理などに使われています。
白髪染めの危険、」知ってしまうと、結構恐ろしくなってきませんか?
一度、ご自分が利用している白髪染め剤の成分を、調べてみられてはいかがでしょうか?