カラー」タグアーカイブ

安全な白髪染めはありますか?

安全性を考えるなら、100%天然成分の白髪染めが一番良いということになりますが、100%天然成分の白髪染めやおしゃれ染めは、まだまだ開発が遅れており、価格面、施術に要する時間的な問題、色持ち、カラーバリエーションなどの問題など、多くの問題が山積しています。
そのため、現段階では、より安全性が高い毛染め剤を選ぶしか方法がありません。

みなさんなら、多少の危険性があっても、安くてファッション性の高い毛染め製品と、安全性には優れていても、高価でファッション性の低い毛染め剤の、どっちを選びますか?
この問題は、結構難しいですよね。
何故って、白髪の性質上、白髪染めは何度もくり返し、そして長い期間にわたり使用します。そのことから考えると、高価であることが非常に困るわけです。
ファッション性についてはこだわらないし、色持ちが悪くても安全なら頻繁に染めればいいのですから、このあたりは我慢するとしても、毛染め剤の値段が高くては、頻繁に購入できませんよね。
せめて、値段が安ければ、ファッション性の低さ、色持ちが悪さはカバーできますけれども、高価な商品となると、なかなか難しいと思われます。
さて、みなさんなら、価値基準をどこに置かれますか?

 

天然成分100パーセントの真実

天然成分100パーセントが売りの「ヘナ」ですが、ジアミン(20~25%)を未承認のまま配合し販売していたとして問題になりました。
つまり、未認可のまま酸化染料が配合されたヘナが、天然成分100パーセントのヘナであるかのようにして販売され、湿疹、かぶれなどの被害が出たことでクローズアップされたわけです。
では、全てのナチュラルハーブカラーが完全に天然ハーブなのかというと、それはなかなか難しい問題であり、実際、完全に天然ハーブだけでは、色持ちや染まりが顧客の満足度から乖離しすぎており、ほぼ不可能ではないかと思われます。

自宅でもヘナを使って白髪染めはできますが、毛染めの工程がたいへんそうです。
ヘナが白髪に浸透するためには、温かい方が良いので、頭皮の温度を上げるためにドライヤーで温度管理をする必要があります。何故ドライヤーで温度管理をするのかというと、ヘナを塗布することで頭皮の温度が下がるからだそうです。
そして、1時間はヘナを塗布したまま放置しなければなりません。

ヘナで白髪染めをすると、ヘナの成分ヘナタンニンが白髪のケラチンと結合し、ヘナの色のオレンジ色に染まります。
黒い色にはオレンジが入りませんから、白髪だけがオレンジ色になります。
つまり、黒色とオレンジ色のコントラストを楽しみながら、毛髪のダメージを最小限に止めるという毛染め剤というわけです。

 

手軽な白髪染めをご存じです

普段は、美容室での白髪染めや自宅での白髪染めを行っていても、いざお出かけという直前に、白髪を見つけた時、みなさんは、どのように白髪処理をしていますか?

近年の高齢化社会を反映してかどうかは定かではありませんが、便利な商品がでています。
それは、簡易的応急手当にぴったりの白髪染め着色剤です。
出かける前に鏡を見て、白髪が気になった時には、簡易的応急手当ができる、一時的な着色剤を使うといいかもしれません。

とくに、ピンポイントで着色するタイプは、重宝すること間違いないと思います。
ただ、この一時的白髪染め剤は、シャンプーをすると落ちてしまいますので、本当に、いざという時に使う程度の白髪染め剤です。
一時的な白髪染めにも、いくつかのタイプがありまして、全体にスプレーするスプレータイプ、泡タイプ(フォームタイプ)、マスカラタイプなどです。

手軽な白髪染めは、あくまでも一時しのぎであり、シャンプーで洗い流せますが、水にも弱いことを頭の隅に置いておく必要があります。例えば、雨降りの日に使用するのは少し危険ですね。
雨で色が流れてくる場合もあることを考慮しておいた方がいいでしょう。

一般的な使い方は、毛髪が伸びて根本の白さが気になるときに、ちょっと使う程度が無難な使い方として利用されているようです。

 

白髪染めは危険なの?

私たちが、何も疑わず日常的に使っている、シャンプー、リンス、おしゃれ染め、白髪染め、トリートメントの中に含まれている成分をご存じでしょうか?
おそらく、成分まで調べて使って囲おられる方は、かなり少ないと思われますが、皆さんはいかがですか?

まず、一番にあげられる危険性は、発ガン性物質が含まれているということです。
①パラフェニレンジアミン(PPD)
②アミノフェノール
③レゾルシン
④過酸化水素など

まず、パラフェニレンジアミンについて言うと、「パラ」というのは、ベンゼン環(化学式で6角形の形をしているもの、六角形の頂点を1として、時計回りに1~6までの数字が並びます)1と4にアミノ基(NH2)や水素基(OH)が結合している化合物で、アレルギーを引き起こす一番強力な物質です。
したがって、粘膜の障害(結膜炎、鼻炎、気管支炎など)を発症しやすくなる可能性があります。
過酸化水素水は、オキシドールのことで、消毒薬で知られていますが、工業用としては、半導体の洗浄、紙を作る過程でのパルプの漂白、排水処理などに使われています。
白髪染めの危険、」知ってしまうと、結構恐ろしくなってきませんか?
一度、ご自分が利用している白髪染め剤の成分を、調べてみられてはいかがでしょうか?

 

どうして白髪になるのでしょうか

みなさんは、この厄介者の白髪と、どのように戦っていますか?
白髪で悩んでいるほとんどの方は、せっせと白髪染めしているのではないですか?
そもそも、どうして白髪が生えてくるのでしょうか?

シミの原因で、顔の肌には大敵のメラニン色素ですが、毛髪にとっては大事な成分のようです。
どういうことかと言いますと、毛髪にとってメラニン色素は、黒髪を保つ色素で、メラニン色素が減少すると白髪になるというわけです。
女性なら憧れるブロンドの長い髪も、メラニン色素の量が少ないためだと言われています。
日本人やアジア系の女性の黒い毛髪は、逆にメラニン色素が多いと言うことになります。

毛根の周囲には毛母細胞があり、その毛母細胞の周りにあるメラノサイトで、メラニン色素はつくられています。そのメラニン色素は、毛根から毛髪に取り込まれ成長します。

白髪は、加齢が要因で、メラニン色素がつくられる過程に必要な酵素が不足しするために発症すると言われていますが、明確なメカニズムは分かっていません。
今のところ、加齢、ストレス、遺伝、生活習慣、食生活なども要因として考えられています。

恐怖のあまり、一晩で髪の毛が真っ白になったという話もあるくらいですから、精神的ストレスも大きな要因になるのでしょうね。

 

念のためにパッチテストをしましょう

ドラッグストアーなどで売られている白髪染め剤には、必ず説明書が入っています。
その説明書には、皮膚が柔らかな目立たない部分で、パッチテストを行ってから、毛染めを行うようにという注意書きが書かれています。

パッチテストというのは、皮膚アレルギー試験のことを指します。
似たような白髪染めですが、メーカーが異なれば成分内容も違ってきます。
また、メーカーが同じでも、製品ラインによって入っている成分が違ってきますので、同じメーカーだからといって油断をせずにパッチテストを行った方がいいようです。
できれば、白髪染め前の手順のひとつに、毎回パッチテストは行うことをオススメします。

白髪染めの容器タイプは、単に扱いやすさの差別化を図っているもので、タイプ別に見ると、細いノズルタイプの容器(従来型タイプ)、くし形容器、コー型容器、使用後余ったら保管できるワンプッシュタイプの容器、クリームタイプなどがあります。
白髪染めやおしゃれ染めの手順は、どの商品も似たり寄ったりですが、製品によっては染めた後のシャンプーをしないものがあります。
また、毛染め後のトリートメント剤が1回分セットになったものもあります。

みなさんは、毎回の毛染め時にパッチテストを行っていますか?

 

おしゃれ染めでする白髪染め

おしゃれ染めでは白髪が染まらないことは、毛染めをされた経験のある方ならご存じだと思います。そもそも、おしゃれ染めは、黒い毛髪を一定の色合いにまで脱色してから、染色するという原理から成り立っています。

白髪染めやおしゃれ染めを購入する時には、色見本を比べながら選ぶと思います。ただ、染色にも個人差があり染まりやすい人と、染まりにくい人がいますので、あくまでも、色見本は目安に過ぎませんが、それでも、色見本は貴重な情報です。

おしゃれ染めでは、白髪が染まらないことは先に述べましたが、逆の発想で、白髪を活かすためにおしゃれ染めで染めるという考えもありではないかと思います。

特に、ショートヘアーの方にオススメしたいのが、黄色系やアッシュ系のおしゃれ染めで頭全体を染めて、白髪と白髪でない毛髪のカラー差を縮めることで、白髪を目立たなくさせる仕方です。
全体を、白髪染めで染めると伸びてきた生え際の白髪が目立つようになります。
人間の毛髪は、個人差はありますが、1日平均0.4mm伸びると言われています。
1日平均0.4mm伸びるということは、1ヶ月で12mm(1.2cm)伸びることになりますので、目立つのもあたりまえでしょう。
長い髪の方は、あまり明るすぎる色に染めると、毛髪のボリュームで極端に派手になりますのでオススメできませんが、ショートの方には、この方法もありかと思います。

 

髪を傷めない白髪染め

自宅でできる、髪を傷めない白髪染め商品が、最近増えてきました。
例えば、利尻ヘアーカラートリートメント、レフィーネやピュアハーバルヘアカラーなど、カラー・ド・ボーテという商品もあります。
ただ、これらの商品には即効性期待できず、徐々に染まっていくタイプの白髪染め剤でのようです。例えば、カラー・ド・ボーテですが、210グラムの容量、2800円のお値段で、2~3回は染められるということです。3回分だとすると、1回あたり934円になります。

白髪が染まるまで、どのくらいの日数が必要かにもよりますが、2週間続けて使用すると4.6本、つまり5本は購入する必要があります。
そうすると、2週間で、2800円×5本=14000円になり、決して安い白髪ケアーとは言えませんね。利尻ヘアートリートメントは、価格が1本3150円、1本で約16回分、1回分約200円になります。
カラー・ド・ボーテと比較すると、利尻ヘアートリートメントの方が、ロープライスな白髪染めと言うことになります。
髪を傷めない白髪染めのメリットは、トリートメント効果にあるようです。
確かに、素手で簡単に白髪染めが可能で、しかも、毛髪のダメージを払拭してくれるのであれば使ってみる価値はありそうです。
みなさんは、どう思われますか?

 

ウイッグもありでしょう

白髪染めというのは、化学薬品を使って毛髪の色をコントロールしますので、全く刺激がないということはありえません。

美容室で「髪に優しい○○」「髪を傷めない◇◇式」と宣伝していますが、薬品によっては若干、傷みにくいことがあったとしても、確実に、毛髪はダメージを受けます。
また、自宅で白髪染めを行っても同じことが言え、それなりのダメージを覚悟しなければなりません。

ただ、白髪染めを美容室でやって貰うのと、自宅で行うのと比較した場合には、美容室で白髪染めを行った方が、頭皮や毛髪へのダメージは少ないでしょう。専門家の技術をもってすれば、不必要にはカラー剤を頭皮に付着させないですし、カラー剤の成分や特徴を知っていますので、それなりに考慮して施術してくれると思います。

髪の長さにもよりますが、髪型がショートの方なら、ウイッグをつけるという方法があります。
頭頂部につける部分的ウイッグを利用すると、生え際の白髪を隠すことができます。
白髪が伸び続けてきたら、一旦は白髪染めが必要になるかもしれませんが、薬剤を使う回数は、減少します。
ただ、ウイッグは、用途や種類にもよりますが、頭頂部に着けるウイッグでも数万円もしますので、なかなか手が出ませんね。

 

ウイッグを活用した白髪対策

最近、テレビのコマーシャルでよく見かけますが、へアーウイッグって便利かもしれませんね。
いくら白髪染めをしても、次から次と、生え際から生えてくる白髪、生え際の白髪を発見するたびに、白髪染めをしていては、髪の毛がバリバリになってしまって、大変な状態になってしまいます。そんなとき、トップウイッグかハーフウイッグで生え際の白髪が隠すことができたら、便利だと思いませんか?

トップウイッグは、白髪を隠すだけではなく、トップにボリュームがなくなった方や毛髪が細くなった、あるいは、頭頂部の地肌が透けて気になる方などにとっても便利なアイテムになっているようです。ただ、高額商品ということがネックになるのかもしれません。

一流ブランドの既製品で、トップウイッグがショートで6万円以上、ハーフウイッグは10万円以上という価格帯です。
使う用途と商品の種類によって違うと思いますが、白髪対策だけで考えると、上記ウイッグの金額が高いのか安いのか、正直なところよく分かりません。

例えば、アレルギーを持っていて白髪染めなどの薬剤が使えない方にとっては、ウイッグは救世主に感じられるでしょう。
また、年齢によっても違ってきますね。頭頂部の薄毛と白髪にお悩みの方には、ウイッグは価値あるものになるでしょう。そのあたりの価値基準は、個々において異なると思われます。

また、ウイッグになれていない方にとっては、ウイッグ自体に違和感をもたれるのかもしれませんね。