パッチテスト」タグアーカイブ

アレルギーがあると白髪染めは無理ですか

アレルギーを持っていることが、即、白髪染めはできない、ということではありません。
しかし、かなり慎重にしなければならないことは間違いありません。

白髪を染めるためには、「パラフェニレンジアミン」というジアミン色素が必要なのですが、このジアミン色素がアレルゲンそのものなのです。
したがって、喘息、アトピー、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎などなど、アレルギー体質の方は、このジアミン色素への抗体を持っている可能性が非常に高いと言えます。

ですから、美容室で白髪染めをする場合には、前もって、アレルギーを持っていること、アレルギーの内容を伝える必要があるでしょう。
ある美容室では、断られるかもしれません、または、白髪染めよりもマニキュアを勧められるかもしれません。
あるいは、ジアミン色素フリーの薬剤を勧められるかもしれません。

いずれにしても、施術する前には、パッチテストをしてもらい、アレルギー反応が起こらないことを確認してから施術してもらいましょう。

市販の白髪染めは、ほとんどジアミン色素が添加されていますので期待できません。
「ヘナ」という天然素材の白髪染めには、ジアミン色素など化学物質は添加されていませんが、オレンジ系にしか白髪が染まらないという特徴があります。
他にも、自然素材を売り物にしている商品もありますが、必要最低限のジアミン色素が添加されているというのが実情です。

 

白髪染めをはじめる年齢は?

そういえば、白髪染めをはじめる年齢、若しくは、白髪染めをはじめた年齢って、どうなのでしょうか?
そもそも、白髪が気になりはじめる年齢は、何歳くらいからでしょうか?
あくまでも平均値なのですが、一般的には30~35歳(男性30歳、女性35歳)なのだそうです。

そういえば、若い頃に出てくる白髪を若白髪って言いますね。
白髪が出てくる年齢は、個人差があり一概には限定できませんが、すごく白髪が気になりはじめる年齢は、45歳前後からではないでしょうか?
はじめは、気になって抜いていた白髪も、いつの間にか増えすぎてしまい「このまま抜いていたら・・・?禿げてしまうのでは?」と不安に思った頃に、抜くのを諦めて、白髪染めに方向転換するというパターンが多いのではないでしょうかね。

別の言い方をすると、白髪を排除しきれなくなったので、別の形で白髪を受け入れると言ったところでしょうか?

そもそもは、毛母細胞で毛髪が作られている時には白色で、毛母細胞周辺の色素細胞でつくられる、メラニン色素の作用によって、黒髪が伸びてくるというメカニズムを持っています。ただ、加齢とともにメラニン色素が減少し、白髪が伸びてきてしまうわけです。
そう考えると、本格的な白髪染め年齢は、50歳前後になるのでしょうかね?

 

健康を考えノンジアミンカラーにしました

ノンジアミンカラーという白髪染めをご存じですか?
白髪を染める薬剤には、いろいろな化学化合物が混入されていますが、そのなかで最もアレルギーを引き起こす物質がパラフェニレンジアミンと言います。
ノンジアミン(ジアミンフリー)というのは、パラフェニレンジアミンのジアミンを指し、ジアミンが混入されていない、白髪染め薬剤のことです。

ドラッグストアーで簡単に購入できる、ホームカラー剤ですが、成分を知っている人はほとんどいないと思われます。
簡単にスピーディーに染められるということは、それだけ化学物質が混入されていると考えた方が良いかもしれませんね。
今までは、白髪染めにはジアミンが欠かせませんでしたが、最近は、ジアミンフリーの製品が開発されています。

ノンジアミン(ジアミンフリー)の白髪染めが開発されたことで、これまで、アレルギーが心配で白髪を染めることができなかった方も、白髪染めができる様になりました。
これはすごいことですね。
ちなみに、ジアミンフリーの白髪染め薬剤を、次世代のヘアカラーと言うそうです。
残念ながら、ジアミンフリーの白髪染め薬剤は、市販されていませんので、ジアミンフリーの薬剤を取り扱っている美容室で施術してもらうといいでしょう。

 

喘息が持病の方の白髪染め

喘息とアレルギーは因果関係が強いので、喘息の持病をお持ちの方にとって、1番怖いのは、必ずと言っていいほどカラー剤に含まれている「パラフェニレンジアミン」というジアミン色素へのアレルギー反応です。
場合によっては、アナフィラキシーショックを起こして、死に至ることも少なくありません。美容室でお客さまが、アナフィラキシーショックを起こしたら、考えただけでも恐ろしい話です。
お客さまにとっても、美容室にとっても不幸な話です。
考えてみると、美容室でパッチテストをしてもらった経験がありません。
みなさんはいかがですか?パッチテストをしてから、毛染め施術をやってもらっていますか?
アレルギーの原因は、ハチの毒、薬物、食物など生活の中のありとあらゆることが引き金となる可能性があります。
白髪染めの話に戻します。
喘息を持病にお持ちの方にとって、通常の白髪染めは回避して、マニキュアにする方法があります。
マニキュアも市販されていますので、ご自分でやっても良いですし、きれいな仕上がりを希望するのであれば、美容室でやってもらうのも良いかと思います。
最近では、入浴時に手軽に行える方法もあり、利尻ヘアーカラートリートメントなどは、トリートメント剤とマニキュア剤を合わせた商品のようです。
つまり、白髪を染めるのではなく、マニキュア効果で白髪に黒なり茶なりを着色するという使い方のようです。

 

どうして白髪になるのでしょうか

みなさんは、この厄介者の白髪と、どのように戦っていますか?
白髪で悩んでいるほとんどの方は、せっせと白髪染めしているのではないですか?
そもそも、どうして白髪が生えてくるのでしょうか?

シミの原因で、顔の肌には大敵のメラニン色素ですが、毛髪にとっては大事な成分のようです。
どういうことかと言いますと、毛髪にとってメラニン色素は、黒髪を保つ色素で、メラニン色素が減少すると白髪になるというわけです。
女性なら憧れるブロンドの長い髪も、メラニン色素の量が少ないためだと言われています。
日本人やアジア系の女性の黒い毛髪は、逆にメラニン色素が多いと言うことになります。

毛根の周囲には毛母細胞があり、その毛母細胞の周りにあるメラノサイトで、メラニン色素はつくられています。そのメラニン色素は、毛根から毛髪に取り込まれ成長します。

白髪は、加齢が要因で、メラニン色素がつくられる過程に必要な酵素が不足しするために発症すると言われていますが、明確なメカニズムは分かっていません。
今のところ、加齢、ストレス、遺伝、生活習慣、食生活なども要因として考えられています。

恐怖のあまり、一晩で髪の毛が真っ白になったという話もあるくらいですから、精神的ストレスも大きな要因になるのでしょうね。

 

念のためにパッチテストをしましょう

ドラッグストアーなどで売られている白髪染め剤には、必ず説明書が入っています。
その説明書には、皮膚が柔らかな目立たない部分で、パッチテストを行ってから、毛染めを行うようにという注意書きが書かれています。

パッチテストというのは、皮膚アレルギー試験のことを指します。
似たような白髪染めですが、メーカーが異なれば成分内容も違ってきます。
また、メーカーが同じでも、製品ラインによって入っている成分が違ってきますので、同じメーカーだからといって油断をせずにパッチテストを行った方がいいようです。
できれば、白髪染め前の手順のひとつに、毎回パッチテストは行うことをオススメします。

白髪染めの容器タイプは、単に扱いやすさの差別化を図っているもので、タイプ別に見ると、細いノズルタイプの容器(従来型タイプ)、くし形容器、コー型容器、使用後余ったら保管できるワンプッシュタイプの容器、クリームタイプなどがあります。
白髪染めやおしゃれ染めの手順は、どの商品も似たり寄ったりですが、製品によっては染めた後のシャンプーをしないものがあります。
また、毛染め後のトリートメント剤が1回分セットになったものもあります。

みなさんは、毎回の毛染め時にパッチテストを行っていますか?