化学薬品」タグアーカイブ

ウイッグもありでしょう

白髪染めというのは、化学薬品を使って毛髪の色をコントロールしますので、全く刺激がないということはありえません。

美容室で「髪に優しい○○」「髪を傷めない◇◇式」と宣伝していますが、薬品によっては若干、傷みにくいことがあったとしても、確実に、毛髪はダメージを受けます。
また、自宅で白髪染めを行っても同じことが言え、それなりのダメージを覚悟しなければなりません。

ただ、白髪染めを美容室でやって貰うのと、自宅で行うのと比較した場合には、美容室で白髪染めを行った方が、頭皮や毛髪へのダメージは少ないでしょう。専門家の技術をもってすれば、不必要にはカラー剤を頭皮に付着させないですし、カラー剤の成分や特徴を知っていますので、それなりに考慮して施術してくれると思います。

髪の長さにもよりますが、髪型がショートの方なら、ウイッグをつけるという方法があります。
頭頂部につける部分的ウイッグを利用すると、生え際の白髪を隠すことができます。
白髪が伸び続けてきたら、一旦は白髪染めが必要になるかもしれませんが、薬剤を使う回数は、減少します。
ただ、ウイッグは、用途や種類にもよりますが、頭頂部に着けるウイッグでも数万円もしますので、なかなか手が出ませんね。

 

ウイッグを活用した白髪対策

最近、テレビのコマーシャルでよく見かけますが、へアーウイッグって便利かもしれませんね。
いくら白髪染めをしても、次から次と、生え際から生えてくる白髪、生え際の白髪を発見するたびに、白髪染めをしていては、髪の毛がバリバリになってしまって、大変な状態になってしまいます。そんなとき、トップウイッグかハーフウイッグで生え際の白髪が隠すことができたら、便利だと思いませんか?

トップウイッグは、白髪を隠すだけではなく、トップにボリュームがなくなった方や毛髪が細くなった、あるいは、頭頂部の地肌が透けて気になる方などにとっても便利なアイテムになっているようです。ただ、高額商品ということがネックになるのかもしれません。

一流ブランドの既製品で、トップウイッグがショートで6万円以上、ハーフウイッグは10万円以上という価格帯です。
使う用途と商品の種類によって違うと思いますが、白髪対策だけで考えると、上記ウイッグの金額が高いのか安いのか、正直なところよく分かりません。

例えば、アレルギーを持っていて白髪染めなどの薬剤が使えない方にとっては、ウイッグは救世主に感じられるでしょう。
また、年齢によっても違ってきますね。頭頂部の薄毛と白髪にお悩みの方には、ウイッグは価値あるものになるでしょう。そのあたりの価値基準は、個々において異なると思われます。

また、ウイッグになれていない方にとっては、ウイッグ自体に違和感をもたれるのかもしれませんね。