白髪染め」タグアーカイブ

白髪の原因は加齢なの?

白髪年齢には個人差があり、白髪が気になりはじめ、白髪染めを定期的に行うようになる年齢は、一般的には45~50歳といったところではないでしょうか?
みなさんにも、1度や2度白髪を抜いた経験はお持ちでしょう。

はじめは、気になって抜いていた白髪も、手に負えないくらいに増えてしまい、これではダメだと白髪染めをスタートしたという、「ただ今、白髪染め進行形」の方も多いと思われます。

毛母細胞周辺の色素細胞でつくられるメラニン色素が、加齢が要因で減少することによって白髪になることは分かっていますが、どうして加齢によってメラニン色素が減少するのかというメカニズムは解明されていません。
また、白髪の原因は加齢だけではなく、生活習慣や精神的ストレスも大きな原因ではないかと考えられています。

一説によると、心肺機能の低下も白髪の要因ではないかと考えられており、理由としては、末梢部への血行不良により、メラニン色素がつくられなくなるのではないかという主張もあります。
白髪を加齢によるものと限定せずに、食生活や睡眠時間、運動、頭皮ケア、ストレス、喫煙などの生活習慣を改善することにより、白髪の予防・改善が可能になるのではないかと考えている専門家もいるようです。

白くなって困るのは髪の毛ですが、黒くなって困るのがデリケートゾーンの黒ずみですね。
とくにVラインの黒ずみに悩んでいる女性が増えているようです。
髪もお肌もケアが大切ですね。

 

白髪も素敵なのに

白髪があると若く見られない、つまり、老けて見えると思い込んではいませんか?

老けてみられるかどうかは別として、白髪一色の毛髪というのもおしゃれだと思いませんか?
例えば、亡くなられた藤本義一氏、筑紫哲也氏などは、逆に白髪が素敵なロマンスグレーでした。
現在もキャスターとして活躍している、関口宏氏も白髪に逆らうことなく、逆に白髪を活かしたおしゃれをしていて、とても素敵だと思います。
長髪で白髪の内田裕也氏などは、おしゃれとは別で、個性的という意味でですが、独特の雰囲気を醸し出しているように思います。
女性でも、中尾ミエさんの白髪もいいですね。94歳で亡くなられた、水の江滝子さんも白髪頭のショートヘアーが素敵でした。

白髪も髪型や白髪の生え方によっては、逆に、白髪染めをしない方がおしゃれな場合がありますね。毛髪全部が白髪に、上品でおしゃれな感じを覚えるのは、私だけでしょうか?

白髪が生えてくるメカニズムは分かっていますが、加齢との関係はハッキリとしていません。
それは、加齢とともにメラニン色素が減少すると言うことなのですが、もっと正確に言うと、メラニン色素が生成される時に必要なチロシナーゼという酵素の働きが衰えるために、メラニン色素が減少し白髪がたくさん増えてくるということです。

 

アレルギーがあると白髪染めは無理ですか

アレルギーを持っていることが、即、白髪染めはできない、ということではありません。
しかし、かなり慎重にしなければならないことは間違いありません。

白髪を染めるためには、「パラフェニレンジアミン」というジアミン色素が必要なのですが、このジアミン色素がアレルゲンそのものなのです。
したがって、喘息、アトピー、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎などなど、アレルギー体質の方は、このジアミン色素への抗体を持っている可能性が非常に高いと言えます。

ですから、美容室で白髪染めをする場合には、前もって、アレルギーを持っていること、アレルギーの内容を伝える必要があるでしょう。
ある美容室では、断られるかもしれません、または、白髪染めよりもマニキュアを勧められるかもしれません。
あるいは、ジアミン色素フリーの薬剤を勧められるかもしれません。

いずれにしても、施術する前には、パッチテストをしてもらい、アレルギー反応が起こらないことを確認してから施術してもらいましょう。

市販の白髪染めは、ほとんどジアミン色素が添加されていますので期待できません。
「ヘナ」という天然素材の白髪染めには、ジアミン色素など化学物質は添加されていませんが、オレンジ系にしか白髪が染まらないという特徴があります。
他にも、自然素材を売り物にしている商品もありますが、必要最低限のジアミン色素が添加されているというのが実情です。

 

白髪染めをはじめる年齢は?

そういえば、白髪染めをはじめる年齢、若しくは、白髪染めをはじめた年齢って、どうなのでしょうか?
そもそも、白髪が気になりはじめる年齢は、何歳くらいからでしょうか?
あくまでも平均値なのですが、一般的には30~35歳(男性30歳、女性35歳)なのだそうです。

そういえば、若い頃に出てくる白髪を若白髪って言いますね。
白髪が出てくる年齢は、個人差があり一概には限定できませんが、すごく白髪が気になりはじめる年齢は、45歳前後からではないでしょうか?
はじめは、気になって抜いていた白髪も、いつの間にか増えすぎてしまい「このまま抜いていたら・・・?禿げてしまうのでは?」と不安に思った頃に、抜くのを諦めて、白髪染めに方向転換するというパターンが多いのではないでしょうかね。

別の言い方をすると、白髪を排除しきれなくなったので、別の形で白髪を受け入れると言ったところでしょうか?

そもそもは、毛母細胞で毛髪が作られている時には白色で、毛母細胞周辺の色素細胞でつくられる、メラニン色素の作用によって、黒髪が伸びてくるというメカニズムを持っています。ただ、加齢とともにメラニン色素が減少し、白髪が伸びてきてしまうわけです。
そう考えると、本格的な白髪染め年齢は、50歳前後になるのでしょうかね?

 

健康を考えノンジアミンカラーにしました

ノンジアミンカラーという白髪染めをご存じですか?
白髪を染める薬剤には、いろいろな化学化合物が混入されていますが、そのなかで最もアレルギーを引き起こす物質がパラフェニレンジアミンと言います。
ノンジアミン(ジアミンフリー)というのは、パラフェニレンジアミンのジアミンを指し、ジアミンが混入されていない、白髪染め薬剤のことです。

ドラッグストアーで簡単に購入できる、ホームカラー剤ですが、成分を知っている人はほとんどいないと思われます。
簡単にスピーディーに染められるということは、それだけ化学物質が混入されていると考えた方が良いかもしれませんね。
今までは、白髪染めにはジアミンが欠かせませんでしたが、最近は、ジアミンフリーの製品が開発されています。

ノンジアミン(ジアミンフリー)の白髪染めが開発されたことで、これまで、アレルギーが心配で白髪を染めることができなかった方も、白髪染めができる様になりました。
これはすごいことですね。
ちなみに、ジアミンフリーの白髪染め薬剤を、次世代のヘアカラーと言うそうです。
残念ながら、ジアミンフリーの白髪染め薬剤は、市販されていませんので、ジアミンフリーの薬剤を取り扱っている美容室で施術してもらうといいでしょう。

 

喘息が持病の方の白髪染め

喘息とアレルギーは因果関係が強いので、喘息の持病をお持ちの方にとって、1番怖いのは、必ずと言っていいほどカラー剤に含まれている「パラフェニレンジアミン」というジアミン色素へのアレルギー反応です。
場合によっては、アナフィラキシーショックを起こして、死に至ることも少なくありません。美容室でお客さまが、アナフィラキシーショックを起こしたら、考えただけでも恐ろしい話です。
お客さまにとっても、美容室にとっても不幸な話です。
考えてみると、美容室でパッチテストをしてもらった経験がありません。
みなさんはいかがですか?パッチテストをしてから、毛染め施術をやってもらっていますか?
アレルギーの原因は、ハチの毒、薬物、食物など生活の中のありとあらゆることが引き金となる可能性があります。
白髪染めの話に戻します。
喘息を持病にお持ちの方にとって、通常の白髪染めは回避して、マニキュアにする方法があります。
マニキュアも市販されていますので、ご自分でやっても良いですし、きれいな仕上がりを希望するのであれば、美容室でやってもらうのも良いかと思います。
最近では、入浴時に手軽に行える方法もあり、利尻ヘアーカラートリートメントなどは、トリートメント剤とマニキュア剤を合わせた商品のようです。
つまり、白髪を染めるのではなく、マニキュア効果で白髪に黒なり茶なりを着色するという使い方のようです。

 

ヘナを使ってブラウンに染める

ヘナを使って白髪染めをすると、白髪部分がオレンジ色に発色します。
ブラウンや黒系に染めたい場合は、インディゴ(木藍)を使います。
しかし、ヘナとインディゴを使った毛染め作業は、気が遠くなるほどたいへんです。
ヘナの白髪染めを自宅でやるには疲れて嫌!といって美容室に来られる方がいても不思議ではないと思います。

ヘナ染めに、1~2時間を費やし、一度洗い流し、ドライヤーで乾かした後、インディゴで白髪染めを行います。乾燥させないと、インディゴ(藍色)の液だれでたいへんなことになります。
あまりにもたいへんなようなら、インディゴで白髪染めをする作業は翌日でもOKです。
インディゴ染めは時間と量の加減が勝負の分かれ目です。
インディゴの量が多すぎると、シンプルな黒よりも濃い黒色に染まってしまいます。
少なすぎてもだめです。また、染める時間も15~30分程度で終わらせないと、黒より黒い色になってしまいますので、注意が必要です。

そして、インディゴブルーに発色させるためには、「さらす」工程を加えなければなりません。「さらす」工程というのは、インディゴで染めた後、染料を洗い流して、サッとタオルで水気を取り、そのままの状態で30分前後放置します。
ドライヤーで乾かすのはその後です。
ヘナとインディゴを使って、白髪をブラウンに染めるのは結構たいへんな作業のようですね

 

喘息とカラー剤

喘息などアレルギーによる疾患を持っている方は、通常の白髪染めを使うと非常に危険です。場合によっては、アナフィラキシーを起こす可能性もあります。
アナフィラキシーは、急性アレルギー反応のひとつで、全身にアレルギー症状が現れ、意識障害や呼吸困難から死に至ることもあります。

アナフィラキシーのトリガーには、ハチの毒、薬物、食物など、生活の中のさまざまな要因があります。白髪染めの場合は、ジアミンという化学物質が原因とされており、アレルギー物質が頭皮から吸収されることで、アレルギー反応を引き起こします。

学術的には用いられていませんが、皮膚から有害な化学物質が体内に吸収されることを経皮毒と呼ばれています。
経皮毒は身体部位によって、その吸収率が違ってくるそうです。
例えば、パッチテストでよく使う、腕の内側を1とした場合、頭皮は3.5倍、額は6倍と経皮毒の吸収率が大きくなります。

白髪染めを毛髪に塗布した時に、頭皮にもついてしまいますし、洗い流す時には、当然
頭皮に付着しますので、確実に経皮毒となります。
このように、知ってしまうと、とても、恐ろしいと思いませんか?
経皮毒は、アルツハイマー、若年性認知症、軽度発達障害など、脳の障害に関係しているのではないかと主張する専門家もいるようです。

 

安全な白髪染めはありますか?

安全性を考えるなら、100%天然成分の白髪染めが一番良いということになりますが、100%天然成分の白髪染めやおしゃれ染めは、まだまだ開発が遅れており、価格面、施術に要する時間的な問題、色持ち、カラーバリエーションなどの問題など、多くの問題が山積しています。
そのため、現段階では、より安全性が高い毛染め剤を選ぶしか方法がありません。

みなさんなら、多少の危険性があっても、安くてファッション性の高い毛染め製品と、安全性には優れていても、高価でファッション性の低い毛染め剤の、どっちを選びますか?
この問題は、結構難しいですよね。
何故って、白髪の性質上、白髪染めは何度もくり返し、そして長い期間にわたり使用します。そのことから考えると、高価であることが非常に困るわけです。
ファッション性についてはこだわらないし、色持ちが悪くても安全なら頻繁に染めればいいのですから、このあたりは我慢するとしても、毛染め剤の値段が高くては、頻繁に購入できませんよね。
せめて、値段が安ければ、ファッション性の低さ、色持ちが悪さはカバーできますけれども、高価な商品となると、なかなか難しいと思われます。
さて、みなさんなら、価値基準をどこに置かれますか?

 

天然成分100パーセントの真実

天然成分100パーセントが売りの「ヘナ」ですが、ジアミン(20~25%)を未承認のまま配合し販売していたとして問題になりました。
つまり、未認可のまま酸化染料が配合されたヘナが、天然成分100パーセントのヘナであるかのようにして販売され、湿疹、かぶれなどの被害が出たことでクローズアップされたわけです。
では、全てのナチュラルハーブカラーが完全に天然ハーブなのかというと、それはなかなか難しい問題であり、実際、完全に天然ハーブだけでは、色持ちや染まりが顧客の満足度から乖離しすぎており、ほぼ不可能ではないかと思われます。

自宅でもヘナを使って白髪染めはできますが、毛染めの工程がたいへんそうです。
ヘナが白髪に浸透するためには、温かい方が良いので、頭皮の温度を上げるためにドライヤーで温度管理をする必要があります。何故ドライヤーで温度管理をするのかというと、ヘナを塗布することで頭皮の温度が下がるからだそうです。
そして、1時間はヘナを塗布したまま放置しなければなりません。

ヘナで白髪染めをすると、ヘナの成分ヘナタンニンが白髪のケラチンと結合し、ヘナの色のオレンジ色に染まります。
黒い色にはオレンジが入りませんから、白髪だけがオレンジ色になります。
つまり、黒色とオレンジ色のコントラストを楽しみながら、毛髪のダメージを最小限に止めるという毛染め剤というわけです。

 

手軽な白髪染めをご存じです

普段は、美容室での白髪染めや自宅での白髪染めを行っていても、いざお出かけという直前に、白髪を見つけた時、みなさんは、どのように白髪処理をしていますか?

近年の高齢化社会を反映してかどうかは定かではありませんが、便利な商品がでています。
それは、簡易的応急手当にぴったりの白髪染め着色剤です。
出かける前に鏡を見て、白髪が気になった時には、簡易的応急手当ができる、一時的な着色剤を使うといいかもしれません。

とくに、ピンポイントで着色するタイプは、重宝すること間違いないと思います。
ただ、この一時的白髪染め剤は、シャンプーをすると落ちてしまいますので、本当に、いざという時に使う程度の白髪染め剤です。
一時的な白髪染めにも、いくつかのタイプがありまして、全体にスプレーするスプレータイプ、泡タイプ(フォームタイプ)、マスカラタイプなどです。

手軽な白髪染めは、あくまでも一時しのぎであり、シャンプーで洗い流せますが、水にも弱いことを頭の隅に置いておく必要があります。例えば、雨降りの日に使用するのは少し危険ですね。
雨で色が流れてくる場合もあることを考慮しておいた方がいいでしょう。

一般的な使い方は、毛髪が伸びて根本の白さが気になるときに、ちょっと使う程度が無難な使い方として利用されているようです。

 

白髪染めは危険なの?

私たちが、何も疑わず日常的に使っている、シャンプー、リンス、おしゃれ染め、白髪染め、トリートメントの中に含まれている成分をご存じでしょうか?
おそらく、成分まで調べて使って囲おられる方は、かなり少ないと思われますが、皆さんはいかがですか?

まず、一番にあげられる危険性は、発ガン性物質が含まれているということです。
①パラフェニレンジアミン(PPD)
②アミノフェノール
③レゾルシン
④過酸化水素など

まず、パラフェニレンジアミンについて言うと、「パラ」というのは、ベンゼン環(化学式で6角形の形をしているもの、六角形の頂点を1として、時計回りに1~6までの数字が並びます)1と4にアミノ基(NH2)や水素基(OH)が結合している化合物で、アレルギーを引き起こす一番強力な物質です。
したがって、粘膜の障害(結膜炎、鼻炎、気管支炎など)を発症しやすくなる可能性があります。
過酸化水素水は、オキシドールのことで、消毒薬で知られていますが、工業用としては、半導体の洗浄、紙を作る過程でのパルプの漂白、排水処理などに使われています。
白髪染めの危険、」知ってしまうと、結構恐ろしくなってきませんか?
一度、ご自分が利用している白髪染め剤の成分を、調べてみられてはいかがでしょうか?