食物」タグアーカイブ

ヘナを使ってブラウンに染める

ヘナを使って白髪染めをすると、白髪部分がオレンジ色に発色します。
ブラウンや黒系に染めたい場合は、インディゴ(木藍)を使います。
しかし、ヘナとインディゴを使った毛染め作業は、気が遠くなるほどたいへんです。
ヘナの白髪染めを自宅でやるには疲れて嫌!といって美容室に来られる方がいても不思議ではないと思います。

ヘナ染めに、1~2時間を費やし、一度洗い流し、ドライヤーで乾かした後、インディゴで白髪染めを行います。乾燥させないと、インディゴ(藍色)の液だれでたいへんなことになります。
あまりにもたいへんなようなら、インディゴで白髪染めをする作業は翌日でもOKです。
インディゴ染めは時間と量の加減が勝負の分かれ目です。
インディゴの量が多すぎると、シンプルな黒よりも濃い黒色に染まってしまいます。
少なすぎてもだめです。また、染める時間も15~30分程度で終わらせないと、黒より黒い色になってしまいますので、注意が必要です。

そして、インディゴブルーに発色させるためには、「さらす」工程を加えなければなりません。「さらす」工程というのは、インディゴで染めた後、染料を洗い流して、サッとタオルで水気を取り、そのままの状態で30分前後放置します。
ドライヤーで乾かすのはその後です。
ヘナとインディゴを使って、白髪をブラウンに染めるのは結構たいへんな作業のようですね

 

喘息とカラー剤

喘息などアレルギーによる疾患を持っている方は、通常の白髪染めを使うと非常に危険です。場合によっては、アナフィラキシーを起こす可能性もあります。
アナフィラキシーは、急性アレルギー反応のひとつで、全身にアレルギー症状が現れ、意識障害や呼吸困難から死に至ることもあります。

アナフィラキシーのトリガーには、ハチの毒、薬物、食物など、生活の中のさまざまな要因があります。白髪染めの場合は、ジアミンという化学物質が原因とされており、アレルギー物質が頭皮から吸収されることで、アレルギー反応を引き起こします。

学術的には用いられていませんが、皮膚から有害な化学物質が体内に吸収されることを経皮毒と呼ばれています。
経皮毒は身体部位によって、その吸収率が違ってくるそうです。
例えば、パッチテストでよく使う、腕の内側を1とした場合、頭皮は3.5倍、額は6倍と経皮毒の吸収率が大きくなります。

白髪染めを毛髪に塗布した時に、頭皮にもついてしまいますし、洗い流す時には、当然
頭皮に付着しますので、確実に経皮毒となります。
このように、知ってしまうと、とても、恐ろしいと思いませんか?
経皮毒は、アルツハイマー、若年性認知症、軽度発達障害など、脳の障害に関係しているのではないかと主張する専門家もいるようです。